訪問診療

About

月2回以上の定期的・計画的な訪問

緊急時には24時間365日体制で対応

訪問診療とは?

自力での通院が困難な患者さんのお宅に、医師が定期的に診療にお伺いし、計画的に健康管理を行うものです。
体調不良には24時間365日体制で対応し、必要に応じて近隣の医療機関と連携し、受診や入院の手配も行います。
また診察だけではなく、地域の介護事業所と連携して患者さんが在宅で安心して療養生活を送れるようサポートします。

訪問可能エリア

宜野湾市/西原町/中城村
北中城村/及びその近隣エリア ※他エリアにつきましてもご相談下さい。

訪問診療で出来ること

  • 日常の健康管理

    定期的に医師、看護師がご自宅や施設に伺い、病気の予防や早期発見に努めます。
    ご希望に応じて、検査や予防接種を行うこともできます。

  • 内服調整・処方箋発行

    診察の上、その場で処方箋を発行します。
    処方された薬は調剤薬局で受け取って頂くか、薬局に配達を依頼することもできます。

  • 注射・点滴治療

    診察の上、治療に必要な点滴や注射を行います。継続して行う場合には、訪問看護師と連携して行うこともあります。

  • 栄養サポート

    栄養摂取には口から食べる以外に経管栄養、中心静脈栄養という方法があります。
    患者さんの状態に合わせた提案・サポートを行います。自宅での胃ろう交換も可能です。

  • 膀胱留置カテーテルの管理

    尿の排泄を助ける方法です。
    カテーテルをバッグにつなげておく方法と、キャップをつけておく方法があります。

  • 在宅酸素療法(HOT)

    必要な酸素を自身の呼吸だけで補えない時は、酸素を吸入しながら日常生活を過ごします。
    酸素供給機器メーカーと連携し酸素濃縮器、携帯用酸素ボンベの手配や管理などを行います。

  • 気管切開後の管理

    気管切開をした患者さんの定期的なカニューレ交換など、気管切開後のケアを行います。

  • 人工呼吸器の管理

    在宅用の人工呼吸器を使うことで、自宅での生活が可能です。訪問看護師などと連携し、呼吸ケア、人工呼吸器の管理を行います。

  • 褥瘡(じょくそう)のケア

    床ずれ「褥瘡(じょくそう)」のケアを行い、予防と治癒に努めます。

  • 緩和医療

    緩和ケアはがんの終末期だけではなく、治療期から開始することによって予後が改善すると報告されています。
    当院ではがん治療中の患者さんの症状緩和を、治療を行っている病院と連携しながら行うことも可能です。
    またがん以外の疾患の緩和ケアも積極的に行います。

訪問診療の対象となる方

● ご自身での通院が困難な方
● ご自宅や施設での療養を希望される方
● ご自宅で最期まで過ごしたい方
● がんや難病、認知症、重度障害のある方
● ご自宅で緩和ケアを希望される方
など

どんなご病気でも訪問診療の対象となります。

訪問診療の申し込み方法

病院通院中や入院中の場合は、主治医に訪問診療を受けたい旨をお伝えいただき、
医療連携室や退院支援の担当者にご相談ください。
介護保険を利用中の場合は、担当のケアマネージャーにご相談ください。
患者さんやご家族の方からの直接のご相談もお受けいたします。
不明な点は、お電話(098-975-7850)かお問い合わせフォームでご相談ください。